« 2011.7.31 千束谷 | トップページ | 穂高屏風岩   雲稜ルートフリークライム »

2011年8月 9日 (火)

一ツ谷からオバタケダン(929m);2011年8月7日

名田庄の一ツ谷から「オバタケダン(729m)」。国土地理院名は「盛郷(もりさと)」

メンバー;50才中半から上の4人

添付の地図を見てください。

R1

結論から言うと、若狭で三本の指に入るすばらしい沢でした。

林道を車が入るところまで入る。大々的な砂防工事をやっていた。

B1 (この上の道に駐車)

砂防堰堤から沢に入る。7:50。すぐに沼状態のところに出たので、高巻きで逃げる。

B2

古い廃れた林道を行くと二俣に出た。そこからすぐに沢に入る組(TとH)と林道を行く組(MとM)に別れた。

B3 (二俣、右を行く。沢が道と平行してある)

二俣から305の出合まで壺あり小さな滝ありで気持ちがよかった。

B4

B5

(先の二人が305m出合で待ってくれていた)

305出合から4人で沢を行く。想像以上のすばらしい沢。

B6

B7

B8 (この滝だけお助けロープ)

上手な仲間が確保してくれるので、安心して沢が楽しめる。ありがたい。

B9_3 (ここでは全員泳いだ)

B10 (夏はやっぱり沢です)

B11 (途中で見た炭焼き窯跡)

B12 (こんなところも)

B13

水が切れる550m付近まで、9個の滝があった。

550mより上で水がほとんどなくなる。

荒れた谷が現れた。間伐材が谷に落ちている。(下の、ひどい写真)

B14

B15(ここまで4時間かかった。例によって山頂で記念写真)

下山は尾根を取る。20mほどの登り返しが一度あっただけで、予定の305出合に帰る。

Hitot52305

(朝の場所に無事帰る。地図の読みに間違いはなかった)

                         

ここで最後の水浴び。最高に快適であった。

B16

B17

(報告;Hh)

 

« 2011.7.31 千束谷 | トップページ | 穂高屏風岩   雲稜ルートフリークライム »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

若狭の沢もいきたいなと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535584/41143480

この記事へのトラックバック一覧です: 一ツ谷からオバタケダン(929m);2011年8月7日:

« 2011.7.31 千束谷 | トップページ | 穂高屏風岩   雲稜ルートフリークライム »